スタートで出遅れるとマラソンは勝てない

年度替わりの時期になりました。 4月から小6は中1に、中3は高1になります。 しかし、多くの子供がこのスタート時期につまづいています。 つまづかないようにと思っても、環境の変化に適応できず、いつの間にか落ちこぼれていることもあります。 マラソンで序盤に先頭集団から脱落した人が優勝することがないように、勉強でも中1や高1でつまづいて脱落した人がその後にトップクラスに入る…

続きを読む

不本意な結果になった受験生達に捧げる

高校入試、大学入試ともピークを過ぎ、進路の決まった人が続々と出てきています。 ちなみに埼玉県の公立高校入試の合格発表は来週で、大方の受験生の進路が決まります。 無事第一志望に進学する人、滑り止めに通うことになる人、不本意な学校に進学する人・・・。 境遇は様々だと思います。 私の塾では実力よりやや上の学校への挑戦を勧めることもしばしばあるので、結果として不合格になるケー…

続きを読む

受験倍率の考え方

受験生ならば誰でも志望校の受験倍率は気になると思います。 私がいる埼玉県の公立高校では受験倍率が2倍を超えることはほとんどありません。平均して1.3倍程度、高くても1.5倍から1.6倍といったところです。 話を聞いていると、多くの受験生は1.5倍という倍率を「高い」と感じるようです。出願先を変更した方が良いかと相談されるのもこの辺りの数字からです。 そんな時、私はハ…

続きを読む

スポンサードリンク

最近の記事