観察力・表現力・指示力

生徒に直接勉強を指導する先生には、観察力・表現力・指示力の3つの力が重要です。マンツーマンで子供と接する個別指導塾ならなおさらです。 ①観察力=子供の状態や変化を見抜く力 ②表現力=見抜いたものを子供に理解できる言葉で説明する力 ③指示力=子供が実行しやすい指示を出す力 例えば数学の苦手な子で、方程式の「移項」の時に、途中式を書かないでよく計算ミスをする生徒がいたとし…

続きを読む

理想の先生は『ドラゴン桜』

『ドラゴン桜』という漫画をご存知でしょうか。 経営破綻寸前の私立高校を舞台に、二人の落ちこぼれ生徒が1年で東大合格を目指すというストーリーの漫画です。ドラマにもなったので、ご存知の人も多いことでしょう。 ドラゴン桜は、いわゆる「スポ根漫画」ではありません。 脳科学や心理学の理論も駆使し、様々なテクニックを用いて現実的なやり方で東大合格を目指します。現実世界でも応用できる…

続きを読む

先生の教え方はヘタでもいい

みんな、教え方が上手な先生に教わりたいと言います。 教え方がヘタな先生より、上手な先生の方がそりゃいいですよね(^-^; でも、教え方が上手な先生に教われば成績が上がるというのは間違っています。 先生の教え方、というのは勉強のほんの一要素に過ぎないからです。 ハッキリ言えば、勉強を教える上手さは重要ではないと思っています。 理由を説明します。 教え方がうま…

続きを読む

スポンサードリンク

最近の記事