スイスチーズ的学習の危険性 ~サルマン・カーン氏に学ぶ~

「スイスチーズ的学習」という言葉をご存知でしょうか。 これはアメリカの教育事業家、サルマン・カーン氏が用いた言葉です。サルマン・カーン氏はカーン・アカデミーというNPOの創設者で、映像授業を活用した効果的な学習法を推進しています。彼の著書の邦訳である『世界は一つの教室』はとても素晴らしい内容なので、読んでない方は是非一読して欲しいと思います。教育関係者でなくても、子供を持つ親な…

続きを読む

努力が報われる入試に

中学入試は「塾業界の都合」に支配されている 「詰め込み教育」で勉強嫌いの子を増やすなhttp://toyokeizai.net/articles/-/146564?page=3 東洋経済のネット記事に、中学受験の在り方に疑問を投げかけるものがありました。色々な切り口で広げられそうなので取り上げてみたいと思います。 塾業界が中学入試を支配しているというのは、私もその通りだと…

続きを読む

中学受験の向き不向き

私は中学受験の否定派ではありませんが、向き不向きはあると思っています。つまり、万人にオススメできるものではないということです。 中学受験をした方が良いと感じる子もいれば、普通に地元の公立中に入学した方が良いだろうな、と思う子もいます。もちろん子供だけでなく、親にとってもですが。性格や家庭環境などの要素も大きいと思っています。 中学受験に向いている家庭 ・親が子供の勉強に…

続きを読む

スポンサードリンク

最近の記事